【JPLA】日本プロフェッショナルロングドライバーズ協会 公式サイト
個人情報保護方針 利用規約
トップページ イベント情報 プロ紹介 規則 スポンサー JPLAとは
メールマガジン登録
JPLAプロインフォメーション
広告について
 

2016JPLAチャンピオンシップ 飛衛門カップ

2016JPLAチャンピオンシップ 飛衛門カップ


特別協賛:リーダーメディアテクノ?   会場:三鈴カントリー倶楽部(三重県)

2016年11月12日(土)
アマチュアの部
2016年11月13日(日)
プロの部


■11月12日(土) JPLA最終戦アマ予選

上位2名が翌日のJPLA最終戦への出場資格が与えられるJPLA主催のアマチュアドラコン大会。大会開始直前から突然激しいアゲンストが吹くという厳しい条件ではあったが、プロも目を見張る凄い球を見せてくれた選手が表彰の上位を占めた。

優勝は地元三重県の海東選手。きついアゲンストの中300ヤードを記録。本人も“手応えがあった”というだけの飛距離を見せ、ギャラリーを大いに沸かせてくれた。

決勝へ上がった皆様ナイスボールありがとうございました。

試合球はJPLAドラコン公認球のTOBiEMONボール2ピース。日頃のJPLA大会で幾多の大記録を生み出しているこのボールならではの飛球がアマチュア大会でも飛び交っていた。

優勝者には2017年度ゴルフダイジェストドラコン選手権のステージ3の出場権およびREVE様よりお好きな飛びシャフトをプレゼント!!!

さらには今大会のメインスポンサー“リーダーメディアテクノ様”よりクラブキャリーバッグ、ボールマーカー、オリジナルキャップ。またメダリストジャパン様からはシトリックアミノが贈呈された。

素敵なアイテムでこれからも飛ばしいただきたいです!!


■11月13日(日) JPLA最終戦【飛衛門カップ】

当日は世界ドラコンでのルールを起用し、なんと3分/8球ヒットという厳しさ。

その8球打の試合形式に加え、各ステージの勝ち抜きの順位で次に進むステージが違うという本場の勝ち上がり方式を採用。瞬発力に加え持久力も必要な過酷な戦いとなった。

結果なんとステージ1からステージ5まで最多球を打つ選手は48球マン振り!!!まさに“サバイバルゲーム”感タップリの試合となった。

この日の試合球ももちろんJPLA公認球のTOBiEMON。今回はコンプレッションの違うTOBiEMON3ピースボールを使用させていただきました。

優勝は松本選手。準優勝には南出選手。3位には今泉選手が入賞。

どのステージでも安定感抜群のロングドライブ見せ飛距離をだした3名が見事最終戦の栄えあるワン・ツー・スリーを飾った!!

ロングドライブの醍醐味を多くのギャラリーの皆様にも披露できたのではないかと思います!!!



特別協賛:リーダーメディアテクノ?≪飛衛門≫

協  賛:GOLF REVE(ゴルフレーヴ) ?メダリスト・ジャパン(シトリックアミノ) 三鈴カントリー倶楽部

運営協力:LD東海

会場協力:三鈴カントリー倶楽部
 
JPLAとは | イベント情報・結果 | プロ紹介 | 規 則 | お問合せ
個人情報保護方針 | 利用規約 | 広告について